よい睡眠で元気と若さを保つ

 

「よい睡眠で元気と若さを保つ」

 

 

体力を回復する方法として、一番いいのが何と言っても「睡眠」です。病院の消灯時間が早いのは、人間の回復力や治癒力が一番発揮されるのが睡眠時だからですね。

 

 

睡眠が短かったり、質が悪かったりすると風邪をひきやすい、病気になりやすい、病気や怪我が治りにくい、肩コリ・腰痛も治りにくい、鬱っぽくなるなど日々の健康にも悪影響が出てきます。

 

 

人体の免疫システムの為に白血球が活躍しています。白血球は扁桃腺や関節で作られています。人間は立って歩きますので、重力に対抗しなければなりません、朝と夜では身長が1cm以上低くなるといわれています。

 

 

これは重力に対抗する為に頑張った骨が押しつぶされたり関節の隙間が薄くなったりする事で起こります。特に関節部分で骨の端「骨頭」という部分には大きなダメージが蓄積するといわれています

 

 

白血球は関節部分でも作られていますので、ダメージを受けた骨、関節はゆっくりと寝る事で疲労を回復させる必要があります。

 

 

白血球を作る機能を回復させるにはある一定時間横になって重力の負担を最小限に抑えて休息させる必要があります。「骨休め」という言葉のとおりです。

 

 

4時間寝て関節を休ませて、4時間かけて白血球を作る。ですから8時間寝るのが理想的です。

 

 

1日は24時間ありますが、「8時間仕事して、8時間遊んで、8時間寝る」・・・現代の生活では中々難しいですが、これが本来一番良い生活リズムではないでしょうか?。

 

 

また、寝るときの姿勢と呼吸も大切です。寝るときの姿勢は上向き寝が基本です。寝てみると分かりますが、腹式呼吸がもっとも行いやすい姿勢とは上向き寝なのです。

 

 

横向き、うつ伏せ寝では胸式呼吸を併用しなければならないので体力が回復しづらいのです。また頚椎を回旋させるので脊骨の捻じれを誘発しやすく骨格のゆがみの原因にもなります。

 

 

骨はその動きに最も適した形に変化していきます。正しい使い方をすれば正しく発達し間違った身体の使い方や休ませ方をすれば歪んでいくのです。

 

 

本来人間の身体には呼吸だけを専門に行う筋肉は存在しません、手、足、背中、お腹などの筋肉を総動員して呼吸しています。

 

 

うつ伏せで寝た状態では手足を動かす自由度が少なくなってしまうし、お腹が圧迫される為、複式呼吸が行いにくい弊害があります。

 

 

吐く息にも問題があり、吐いた息(二酸化炭素)は空気よりも重たいので布団近くに溜まりやすいのです。空気中の酸素の濃度が20%を切ると脳が酸欠状態になるといわれています。

 

 

うつ伏せ寝や横向き寝では酸素の薄い空気を吸いやすいのです。健全な方なら寝返りや手足を動かして筋肉を動かして、空気を拡散する事が出来るので問題ないのですが、よい空気を吸う事は健康にとってとても大事なことです。

 

 

睡眠時間を見直したり、質を向上させるように工夫することで、心も体も元気に保ち、若さを維持することができます。

 

 

そして仕事も育児も元気にこなすことができます。それだけでも日々の生活が楽しくなると思いませんか?

 

 

 

 

ホーム

 

 

メニュー

 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ
happy soul

project

 

【営業時間】  

平日10時~19(最終受付17:30)  

土日曜・祝日10時~16(最終受付14:30)

(遠隔レイキは23時まで受け付けております)

 

【定休日】 

月・木曜日

hidamari1111@excite.co.jp

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.