甘いものは禁物

 


甘いものは血糖値を上げますが、空腹時はそれが急激になります。


すると、上がりすぎた血糖値を下げようとインシュリンが大量に分泌されます。


過剰に分泌されたインシュリンによって血糖値は必要以上に下がりすぎてしまい今度は低血糖になってしまいます。


自律神経はこうした体内環境のコントロールをしています。


血糖値の乱高下は自律神経にとても負担になります。


私もいつだったか


夜中のどが渇いて目が覚めて


飲みかけの炭酸飲料をがぶ飲みしてしまったことがあります。


直後、血の気が引いて、冷や汗が止まらなくなり、おう吐と下痢をして


しばらく動けなくなりました。


大量の糖分を摂取したために低血糖になったのだと思います。


そのとき


空腹時に甘いものは絶対に摂らないと決めました。


通常の食事をとったときは、徐々に血糖値があがりますので低血糖になることはありません。


どうしても何か食べたくなったら


小さいパンや果物をたべてくださいね。

 

ホーム 

 

 

メニュー 

 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ
happy soul

project

 

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.