茅ヶ崎市出口町の整体&レイキ ソレイユ        自律神経と免疫

 

「自律神経と免疫」

 

 

自律神経と免疫細胞は相関関係にあります。

 

 

 

交感神経が活発に働くときは、酵素や活性酸素と協力して病原菌をやっつけてくれる好中球(顆粒球)が増加します。

 

 

 

病原菌の侵入や炎症時に私たちの体を守ってくれます。

 

 

 

しかし、この好中球(顆粒球)が交感神経の過剰緊張によって必要以上の増加すると、健全な組織の破壊や老化、病原菌への過剰な攻撃をしてしまうのでよくありません。

 

 

 

ストレス性の胃潰瘍やニキビ、口内炎などは血中の好中球(顆粒球)の数が多すぎるのが原因とされています。

 

 

 

逆に、副交感神経が働いているときは、リンパ球が増えて免疫力も強化されます。

 

 

 

しかし、リンパ球が増えすぎるのも良くありません。リンパ球が増えすぎることで過保護状態になります。自己免疫疾患やアレルギー・アトピーなどの原因になります。*花粉症はもともと顆粒球が多い体質の人は交感神経緊張刺激で発症することもあります。

 

 

 

やはり交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで免疫も正常に機能するということですね。

 

 


自律神経の乱れの原因となる、夜更かしや暴飲暴食は避けて、規則正しい生活を心がけるように気を付ることが大切ですね

 

自律神経失調症やうつ病でお悩みの方はこちら

  ↓

 

ホーム 

 

 

メニュー 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ

 

茅ヶ崎市出口町5-18

TEL090-6548-9700

 

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.