茅ヶ崎市出口町の整体&レイキ ソレイユ        自律神経と呼吸

 

「自律神経と呼吸」

 

自律神経失調症やうつ病の方には呼吸がしづらいと訴える方もいます。

 

これは、肩、背中、胸部の筋肉のこわばりが原因となっていることが多いのです。

 

肺はカゴの中に入った風船のようなものです。

 

風船()を膨らませるためには、カゴ(肋骨)もそれに合わせて大きくなると膨らませやすいですよね。

 

交感神経の緊張が強い人は肩、背中、胸部の筋肉に無駄な力が入ってしまいます。すると、肺を包んでいる肋骨の動きが悪くなってしまいます。

 

肋骨が膨らまないから、肺にうまく空気が入ってきません。

 

息が吸えないのに、吸おうとするから余計に苦しくなります。

 

息苦しく感じる方は吐くことを忘れていることも多いので、まずは大きくゆっくりと息を吐いたあとに息を吸ってみてください。

 

そして、意識的に体をリラックスさせて、大きくゆっくり長めに吐くことを意識して深呼吸をしましょう。

 

 

呼吸()は自律神経も使います。

 

息を吸うときは交感神経を使い

息を吐くときは副交感神経を使います。

 

心が緊張してるときにも、上記の深呼吸をすると落ち着いてきますよ。

 

お試しくださいませ^^

 

自律神経失調症やうつ病でお悩みの方はこちら

  ↓

 

ホーム 

 

 

メニュー 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ

 

茅ヶ崎市出口町5-18

TEL 090-6548-9700

 

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.