茅ヶ崎市出口町の整体&レイキ ソレイユ        自律神経と女性ホルモン

ホルモンバランスと自律神経は密接な関係にあるのをご存知ですか?

 

自律神経は、仕事や家事など活動している時に働く交感神経と休んで体を修復する時に働く副交感神経2種類があります。

 

 

その2種類の自律神経が交互に働いてそのときの状況に適した体内環境にするために血流・血圧・心拍数・呼吸などを調節しています。

 

 

しかし、ストレスを受け続けると自律神経は交感神経がたくさん働くようになります。逆に副交感神経があまり働かなくなりバランスを失います。

 

そして、この自律神経をコントロールしているのが脳の視床下部という部位です。その視床下部のすぐ下に下垂体というホルモンを分泌する部位があります。

 

視床下部はGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)を分泌し、下垂体に性腺刺激ホルモンと呼ばれる、FSH(卵胞刺激ホルモン)LH(黄体化ホルモン)を分泌するように指令を出します。

 

視床下部からの指令を受けた下垂体は卵巣に働きかける卵胞刺激ホルモン・黄体化ホルモン・泌乳ホルモン(プロラクチン)を分泌します。

 

 

(このホルモンの中には妊娠を促進するものと抑制するものがあります。プロラクチンは抑制するホルモンです。)

 

卵胞の発育を促進し、卵胞ホルモンの分泌を促すなどの活性する卵胞刺激ホルモンは下垂体から分泌されて、卵巣の卵胞に作用し発育させ、黄体化ホルモンと協力してエストロゲンの分泌を促します。

 

視床下部


  
GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)


下垂体


 
 性腺刺激ホルモン


卵 巣


  
エストロゲン、プロゲステロン


子宮内膜


 


月経・妊娠


 

このようにホルモンが作用して女性のサイクルは形作られるのですが、ストレスにより視床下部の機能が低下するとGnRHの分泌が不十分になり女性のサイクルを乱してしまうと考えられています。

 

ストレスを感じる


  


自律神経が不調和になる


  
視床下部の機能が低下  


   
GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)の分泌が不十分


下垂体に指令がいかない


   
性腺刺激ホルモンの分泌が不十分


ホルモンバランスが崩れる
 

  


無月経・無排卵・生理不順・生理痛


 

こうして女性ホルモンと自律神経は密接な関係があるために女性特有のトラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。

 

また子宮など女性特有の臓器は、骨盤の中に納まっています。特に子宮は仙骨子宮靭帯で骨盤を形成している仙骨と繋がっています。

 

 

この仙骨がゆがむと子宮も 一緒にゆがんだり・ねじれたりして物理的なストレスがかかります。生理痛や生理不順といったトラブルの原因となることもあります。

 

自律神経調律セラピーは自律神経のバランスと骨格のゆがみを正して妊娠しやすい体づくりのサポートにも適しています。

 

 

 

*臓器・パートナーに原因がない場合に限ります。

 

*当サロンのセラピーは医療行為ではありません。症状の改善を保障するものではありません。

 

 

 

自律神経失調症やうつ病でお悩みの方はこちら

  ↓

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ

 

神奈川県茅ヶ崎市出口町5-18

TEL090-6548-9700

 

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ  All Rights Reserved.