茅ヶ崎市出口町の整体&レイキ ソレイユ        自律神経と季節の変わり目

 

「自律神経と季節の変わり目」

 

自律神経失調症やうつ病の方は、季節の変わり目に体調を崩してしまうことも多いのではないでしょうか?

 

季節の変わり目を元気に!笑顔で!乗り切っていただきたいということで、簡単なものではありますが、「季節の変わり目の体調管理」について、少しまとめてみました。(⌒∇⌒)

 

 

何で季節の変わり目は体調を崩しやすいの?

 

私たちの体は季節の変わり目は気温の変化に合わせるために、体内環境も変化させます。これを「恒常性(ホメオスタシス)」といいます。

 

この恒常性の機能のひとつに「体温を一定に保つ」というのがあります。

 

 

たとえば、体が「寒い」と感じると・・・

 

 

1皮ふが「寒さ」を感知して、脳にその情報を送ります。

 

          ↓

 

2脳の視床下部から、ホルモンや自律神経を介して、各器官に「体温を保つように」という指令が送られます。

 

          ↓

 

3その指令を受けた各器官は、体温が逃げないようにしたり、新たに熱を作り出したりします。

 

 

こうして、体温を一定に保ちます。

 

ところが、季節の変わり目は日によって気温の差が大きく、それに対応するために、体も大忙しの状態になります。これに自律神経の中枢である視床下部が対応しきれなくなると、自律神経のバランスが崩れて、免疫力、抵抗力が低下して体調を崩しやすくなってしまいます。

 

季節の変わり目を元気に乗り切るには?

 

このように季節の変わり目は体調を崩しやすいのですが、体調管理をしっかりと行うことで元気に乗り切ることができます。そして、その体調管理もいくつか気をつけてほしいポイントがあります。

 

 

≪ 季節の変わり目の体調管理のポイント ≫

 

1 規則正しい生活を心がける

副交感神経は夜間、活発に働きます。疲労回復や体の修復のために、夜間に十分睡眠をとることが大切です。

 

2 日の光をあびる

日の光をあびると体内時計がリセットされます。自律神経が乱れないように、その予防になります。

 

3 衣服で体温調節をサポートする

この時期は昼間暖かくても、夕方に寒くなることもあります。外出するときは、一枚羽織れる上着を持っていくといいと思います。ひざかけなどもいいですね。

 

4 食べる物にも気を使う

季節の変わり目は、体内環境を整えるために、知らないうちに体力を使っています。食べ物を消化するにも体力を使います。体力を温存するために、消化の悪いもの・甘いもの・過食は控えるようにしましょう。

 

5 湯船にしっかりと浸かる

暖かい日もシャワーで済ませるのではなく、湯船に浸かって汗をかき老廃物を出しましょう。

 

6 お部屋を掃除する

ホコリの中には風邪の菌やアレルギーの元になる物質が含まれています。免疫力・抵抗力が低下しやすい時期ですから、こうした予防策も有効です。

 

7 首・肩・腰の冷えに注意する

3でもお伝えしましたように、昼間暖かくても、夕方に寒くなることもあります。首・肩・腰の冷えは肩こり・腰痛の原因になりますので注意しましょう。

 

 

この時期は健康な方も体調を崩しやすいので、規則正しい生活を心がけることと、大忙しの体を労わることが大切です。とくに、お年寄りや小さなお子様、普段から体調が良くない方は体力自体が少ないので、しっかりと体調管理を心がけてくださいね。

 

 

自律神経失調症やうつ病でお悩みの方はこちら

 

  

 

 

ホーム 

 

 

メニュー 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ

 

 

茅ヶ崎市出口町5-18

 

TEL 090-6548-9700

 

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.