茅ヶ崎市出口町の整体&レイキ ソレイユ        自律神経と胃腸

 

「自律神経と胃腸」

 

副交感神経は胃腸を動かします。

 

ごはんを食べたあとは、眠たくなりますね。これは、胃に食べ物が入ったことで副交感神経にスイッチが入ったサインです。

 

ところで、自律神経が乱れている方は胃腸の調子が悪い方も多いですね。

 

普段、交感神経が働きすぎている方は消化不良や食欲の不振、下痢や便秘などの症状が現れることがあります。

 

副交感神経の働きが弱いため胃液の分泌が少なくなったり、腸の蠕動運動が不十分なことが原因として考えられます。

 

こんなときは、胃腸を休めること。

 

胃腸の動きが弱いときは、食べ物を受け入れる準備が出来ていないと言えます。

無理して食べても消化不良や下痢をしてしまうかもしれません。

 

なので、無理に食事を摂らずにお腹がすくまで待ちましょう。

 

お腹がすいたと感じたら、胃腸の準備が出来たサインです。

 

食事の時間にとらわれずに、体の状態に合わせた方がいい時もありますよ。

 

 

自律神経失調症やうつ病でお悩みの方はこちら

 

  

 

 

ホーム 

 

 

メニュー 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ

 

茅ヶ崎市出口町5-18

 

TEL 090-6548-9700

 

 

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.