茅ヶ崎市出口町の整体&レイキ ソレイユ        自律神経失調症・うつ病の原因となるストレス

 

自律神経の調和を乱す大きな原因となるのが「ストレス」ですが、そのストレスにもいくつか分類あるのをご存知ですか?

 

 

 

・自然環境的ストレス

暑さ・寒さ・地震・災害・騒音など

 

・社会・文化的ストレス

戦争・経済変動・価値観の変化や多様化など

 

・個人的な環境の変化によるストレス

転居・入学・結婚・離婚・失恋・昇進・転職など

 

・対人関係のストレス

夫婦・親子・友人・同僚・上司・部下・恋人・嫁姑・兄弟姉妹・近所の人間案系など

 

・心身の悩みによるストレス

過労・けが・病気・手術・中毒・慢性疾患・心の悩み・背骨のゆがみ・骨盤のゆがみ、顎のゆがみなどなど

 

・化学的なストレス

食品添加物・経皮毒・排気ガスなど

 

 

このようにストレスには、「心」に影響するものと「体」に影響するものがあります。これらのストレスはどのストレスかに関わらず自律神経に影響します。

 

 

 

例えば、心に影響するストレスを感じると、交感神経が過緊張状態になります。すると自律神経が不調和の状態になり、様々な症状となって体に現れます。今度はその症状に対して、心が不安や心配を抱くようになり、心のストレスもさらに抱えるようになります。

 

 

 

心と体はつながっています。心が疲れていると体にも不調が出てきます。その逆も然りです。こうして調和が乱れた自律神経を整えるには、無理をせずに心と体を十分に休めることが何よりも大切なことです。休まずに頑張りつづけていると症状は、ますます悪化してしまいます。

 

 

 

しかし、交感神経の緊張が強い方は、心と体に無意識に力が入ってしまうので、リラックスしづらい体になってしまいます。休んでいるつもりでも、何か考え事をしたり、肩に力が入っていたり、奥歯を噛み締めていたりして十分に休めていないことも多いのです。休んでも疲れが取れないのはそのためです。

 

 

 

ホーム 

 

 

メニュー 

 

 

茅ヶ崎・辻堂の

こころとカラダの調律師

ヒーリング&整体のサロン

 癒しルーム ソレイユ

 

茅ヶ崎市出口町5-18

TEL090-6548-9700

 

Copyright (C) 2013 ソレイユ All Rights Reserved.